DNAFORM’s diary

企業ブログです

鶴見オフィスの周辺

横浜はハマだけに、シャチがいます。
f:id:DNAFORM:20210725113701j:plain

わが社ダナフォーム、7月5日から本社機能が新しい場所へ移転しました。私の所属するNGSシーケンスの部署も移転、オフィスとラボ、メンバーズも移ってきました。元の場所にそのまま残った部署もあり、これからは2ヶ所体制になります。(今のところビルの名前で呼び分けていて、本社や支店などと呼んでないのはなぜだろう…)

新住所に来てはや丸3週が過ぎ、おおよそオフィス環境は整いました。ときおりフセンはどこだっけと思う程度。そして、世の中はコロナ禍のなか東京オリンピックを開催中です。

さて、前の勤務地には、私が愛してやまないレンガ道がありました。レンガ道ロス、まるでそんな具合にこのブログを更新する気持ちが落ちてましたが、ここは心機一転、ネタ探しに邁進しようかと。

そして鶴見オフィス時代の第一号記事がこれ、わが社まであと1分の位置にある会社の外壁です。おお、シャチ、なぜ、シャチ。まだその秘密を掴んでいませんが、興味をひかれる何かがあります。

まず第一歩の今回の記事、とりあえず再開してみました。(まずは手を動かせ的な作戦ですね)。梅雨明けして暑い夏、シーケンス受託は比較的空いている時期です。それでもなぜか忙しい…。ま、ボチボチと更新していきましょうね。

 ☆ミ

レンガ道、ファイナル

レンガ道、最終日の帰り道。
f:id:DNAFORM:20210705010457j:plain

わが社ダナフォーム、半分くらいの部署が別の建物へ。金曜午後は荷詰め、その週末にお引っ越しの予定です。

18時から引越業者さんが入るとのこと、パソコンもモニターもペン立ても、全て梱包済み。ノートパソコンがあるとしても、いつもより早めに仕事を切り上げて帰宅することにしました。これがレンガ道の最後の日。まだ明るいうち、雨の夕方でした。

両脇から伸びる紫色、アガパンサスです。植物の種類としては、ネギ坊主やニラの類です。左側の建物は、かつて入居していた建物、リーディングベンチャープラザ。かつてのメンバー(カ)さんや(オ)さん、(バ)さん、(ツ)さん、
歴々を思い出したりします。当時の居室やラボ内の配置もまだありありと思い出します。なぜなら1年半前の11月までここにいましたから。

引越の多いわが社、私にとっては週明けからの新住所は3ヶ所目。乗り換えが減り、通勤は少しラクになりますが、この愛すべきレンガ道とのお別れは寂しい。ひつこいくらいに言ってますね。

ここに残る部署もあることから、また訪れることもあると期待しています。

 ☆ミ

お引っ越し中

リヤマチーム、仮置き
f:id:DNAFORM:20210703192751j:plain

わが社ダナフォーム、週末のお引っ越し向けて、金曜午後は荷詰めタイムでした。

元の居場所は私の目線のところ、お向かいさんのPCモニター上の小物置きに並んでました。その台をこれから取り外すため、私のPCモニター上に一時避難している様子です。私の段ボールがもういっぱいだったので、後ろの席の(ば)さんのところにこっそり入れておきました。週明け、(ば)さんがあれれ?と言うのは間違いなしw

今の(元の)建物に残る部署があり、移転先の新住所が本社になるようです。そして私の部署シーケンスチームも今回お引っ越し対象。

ユーザーの皆さま、サンプル発送先が変わりますのでお気を付けて。

 ☆ミ

栗の木

色や形、これは好きです。
f:id:DNAFORM:20210622232758j:plain

またまた登場、会社と最寄り駅をつなぐレンガ道の植物ラインナップ。

今回はクリ。栗の木になっているまだ若いイガグリ。外側に向かってトゲトゲと伸びていますが、触ってもきっとまだチクチク度合いは低めかと。梅雨時の湿気のある午前中の空気に映える若い緑色のイガグリ。イイですね。(映えると思っている人がどれくらいいるのか、他の通行人さんたちの目には留まっているのかな)

この栗の木、レンガ道沿いのお宅の庭に、ほぼレンガ道の両側の生け垣の一部になっていて、クリ、その隣には柿の木、そして、無花果(イチジク)と3本勢揃い。そして同時期に今ごろ若い実をつけています。オーナーは意図的に3種を配置したのかも。なかなかの達人。

イガグリがお気に入りだとしても、大して中身のない今回の記事ですが、今日もまたレンガ道を通りながら目で楽しんでおります。ときどき触って指や手でも楽しむんですけどね。それは職場の人にはナイショ。(バレてる?)

 ☆ミ

赤い花

あまり好みでないようです。
f:id:DNAFORM:20210622231329j:plain

会社と最寄り駅をつなぐレンガ道、今朝咲いていた赤い花を一枚撮影。花の形はフリージア(黄色でいいにおいの)に似ています。名前や詳細は未確認。

来月、7月初旬にオフィス移転の予定があり、私の部署も移転組。一部ラボや居室ゾーンが今の建物に残りますが、本社機能を含めてお引越しです。(なんとも引越の多い我が会社、年一これで3回目を経験します。)

さて、週はじめの月曜日はリモートワークでした。あと何回このお気に入りレンガ道を歩くのかと思うと、昨日のリモート、失敗した…と思ったり。そんな理由ですが私には心を満たすだけの植物たちがあるのです。

レンガ道の記録として、なぜかあんまりぐっときてない種類を掲載してみました。梅雨どき、夏至のころの朝日を浴びて、輝いているのはイイ感じですね。

 ☆ミ

ナワシロイチゴと来月の移転

今年も鈴なりです。
f:id:DNAFORM:20210619134712j:plain

わが社ダナフォーム、本社機能の部署が来月7月初旬にお引越予定。同じ横浜市の同じ鶴見区内、住所の町名は鶴見中央へ。2駅先のJR鶴見駅が最寄り駅になります。

私がこの会社に入って朝に晩に歩いているのこレンガ道とはお別れになる予定。寂しい、残念、とても残念、とても物足りなくなることでしょう。それぞれの季節に花や実りがあり、日々の通勤を楽しませてくれる数分間の至福。

さて、今日の写真は野生のツルイチゴ。ネットで検索するとナワシロイチゴ(苗代イチゴ)というのが本名のよう。5月にたくさんの花をつけたツツジの低木に、6月になるとツルが伸びて花が咲いてみずみずしい赤い実がなります。熟れたところをつまんで口にいれると、野性味あふれる甘さが広がり、実の大きさに対してタネの比率を味わうことができます。

雨が降った翌日の朝、6月前半の10日出張を終えて久々に通るこの道には、たくさんの赤い実り。低木の高さがちょうどテーブルくらい、手を伸ばせばいくらでも取り放題、食べ放題。そこは野性味、たくさん食べられるものではないですが、毎年一度は味わいたい季節のものです。

このブログの大半はレンガ道の植物たちを登場させていたかもしれません。来月からこの道を通らなくなると、一体何のネタになるのでしょう。新最寄り駅の鶴見駅から新オフィスまでは街中を通って徒歩数分の道のり。植物の数と種類は格段に減ります。すぐにネタ切れしてブログ更新が鈍るのか、それともなにかしら書くことは出てくるのか。

忙しい日々、業務の間のほっと心休まるレンガ道。残りあと2週ほどを楽しみたいです。

 ☆ミ

旅先のご飯

前記事に続き、わが社の達人のウデが登場。
f:id:DNAFORM:20210611205630j:plain

この6月、特に前半ごろ、社内のいろんな部署を越えて、とある実験スキルを持つメンバーズが駆り出された行事がありました。ありましたと言ってもまだ進行中、最大ピークは越え、私は解放されたのですっかり過去形の表現をしておりますが。

普段全く出張はない人も、私のように元から出張が多かった人も、その点は関係なく人選された今回の配置でした。

さて、写真はこの日の晩ごはん中、いつになく素敵な場所で素敵なものを食しております。このとき3人、それぞれ異なる部署の所属。この行事さえなければ、同じ飯を一緒に食べることはなかったと思われ、レアですが面白い組み合わせ巡り合わせでした。

向かいに写っているのが前記事紹介の達人、いつもは実験手袋をはめ白衣を着てピペットマンを握りRNAやDNAをさばきますが、この日は高級ピザを素手でさばいておいでです。そりゃピザのときは素手ですわ。そんなワンシーンです。

 ☆ミ